金剛能楽堂 季節の催し
公演のご案内お問い合わせチケット販売金剛能楽堂への地図
季節の催し

金剛能楽堂で四季折々に行われる毎年恒例の催しです。
皆様のご来場をお待ち申し上げております。

1月3日 「金剛流謡初式」
例年、非公開で行っておりました「謡初式(うたいぞめしき)」が、平成16年度より初の一般公開となりました。
平成30年度は1月3日(水)正午より、宗家・若宗家始め流儀一同による「神歌」、仕舞八番、舞囃子「高砂」など約1時間。料金は無料です。
  「金剛家 能面・能装束展観」
例年、7月中頃の土日に夏の恒例行事として開催しております催しです。「面金剛(おもてこんごう)」とも呼ばれる金剛家所蔵の能面や、華やかな舞の美しさを担う華麗な能装束や能扇などの名品を多数展示いたします。
今年度は東京の三井記念美術館にて6月30日(土)〜9月2日(日)まで特別展「金剛宗家の能面と能装束」が開催されますため、京都での展観はございませんので、何卒ご了承の程お願い申し上げます。
8月16日 「大文字送り火能〜蝋燭能〜」
京都の夏の風物詩「五山の送り火」の日に財団企画能「大文字送り火能〜蝋燭能〜」を開催いたします。 能舞台に新しく取り入れた色照明と蝋燭の灯りにより、ひと味違った幽玄の美をお楽しみ頂きます。
また終演約1時間後には、能楽堂向かいの京都御苑より大文字の送り火がご覧頂けまして、毎年大変ご好評の声を頂いております。
「葵上」、「鉄輪」、「殺生石 女体」など初めてご覧になられる方にもわかりやすい人気曲を選曲しております。
16回目となる今年度は「船弁慶 白波之伝」を上演いたします。皆様のご来場をお待ち申し上げております。
  「特別文化講座」
本講座では能を様々な視点から取り上げてより理解を深め、また京都を訪れる観光客の方々にも気軽に能楽堂へお越し頂くため、京都御所の一般公開日等に合わせて行わせて頂き、歴史と創造の共生する文化の誇り高い京都の魅力を満喫して頂くことを目指します。24年度は3月10日(日)に「特別文化講座」を開催いたしました。、1912年に撮影された現存最古の能楽映像の上演、舞台上での謡・仕舞の体験や、能の代表的な演目五番のハイライト上演などを行い、大変ご好評の声を頂きました。多数のご来場を頂き、誠にありがとうございました。

蝋燭能「葵上」

 

能への誘い観能のすすめ金剛流の魅力季節の催し金剛能楽堂のご紹介関連サイト
金剛永謹からのご挨拶金剛定期能ご案内金剛永謹 能の会ご案内
Copyrights (c) 2003 Kongoh Nohgakudou All Rights Reserved.